福岡県久留米市のプライズフィギュア買取専門店

フィギュアバンク

リングズラし台のコツと攻略法

クレーンゲーム3

■【詰まない設定の台ってどれ?最後にプライズをゲット出来る設定台を選ぶ】

ゲームセンターに足を運んでみると様々な設定が見られます。
こんなのムリだと思う設定からこれなら自分でも出来そうと感じられる設定まで様々。

さてクレーンゲーム機には投入金額がアームの強さに比例するという特徴があります。
つまりお金をある程度入れるとプライズをゲットしやすくなります。

ですが、アームの強さを活かせない設定があるんですよね。
その設定がクレーンゲーマーを困らせる〇〇と関係があります。

■【この設定は一手でお金がムダになる恐れアリ】

『詰み』という言葉があります。
詰みとはアームでプライズをどう動かしても手に入れられない配置になっていること。

よくプレイヤーが詰みやすい設定として有名なのは橋渡し。
橋渡しとは二本の棒の上にプライズを置いて、プライズをスキマから落とす設定です。

カンタンそうなんですが難しいんですね。
よくネットでは棒に掛かったプライズをツメで掬って、パッケージの接点を外せば必勝法のように解説していますが中々思い通りにいきません。

何千円もお金を積んできて最後に詰んだら払い損でゲームセンターの養分となります。
橋渡しはアームの強さを確実に活かせないので運も必要となりますし、詰むことも珍しくありません。
橋渡しはよく使われる設定ですが、上級者でも詰みやすいので嫌がられる設定でもあります。

■【詰まない設定の台でプライズをゲット!】

やはりお金を投入したら最後には必ずゲットしたいですよね。
つまり『詰まない設定台』をプレイすれば良いのです。

詰まない、詰みにくい設定となると『リングズラし』をオススメします。
この設定は板付きの二つのリングにプライズが吊り下げられており、それが滑り止め付きの棒に乗っています。

攻略法ですが、リングにツメを引っ掛けて交互にズラしていきます。
リングも大きいのでツメを差し込むのも特に難しくありません。

何度か繰り返すと棒の先端にリングがズレてくるので後は落とすだけ。
単調な手間は掛かりますが初心者でもプライズをゲットしやすくなっています。
さらにお金を積めば積むほどアームが強くなるので最終的には設定がカンタンです。

■【リングズラし台のコツと攻略法】

リングズラし設定ですが、普通に二つのリングを交互にズラしていけば良いだけです。
ただしいかにリングを大きく動かすかがポイントとなります。

コツとしてはリングのギリギリにツメが入るようにしてください。
ギリギリまでリングに近付くとアームが閉まる際にリングを押して大きくズラしてくれます。

逆にリングからアームが離れた状態でツメが入っても、アームが閉まる際にあまりリングを押してくれません。
リングズラしの設定はお金はかかりますが単純なコツを駆使すればプライズをゲット出来ます。
それに橋渡しと違って詰みにくいのが魅力です。

 

フィギュアバンクでは現在いらなくなったフィギュアやおもちゃを高価買取中です。
置き場に困っているフィギュアや整理したいフィギュアなどございましたらメールフォームか無料査定窓口 0120-154-151までご連絡ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

過去の記事