福岡県久留米市のプライズフィギュア買取専門店

フィギュアバンク

【どちらが取りやすい?2本ツメと3本ツメのクレーンゲーム攻略法】

クレーンゲーム3

ゲームセンターでぬいぐるみが取れる台は二種類あります。
一つはアームにツメが2本付いている一般的な台。
もう一方はアームが3本のツメからなっているトリプルキャッチャー台です。
プライズのぬいぐるみをゲットするにはどのような攻略法で挑めば勝てるのでしょうか?

【ツメ2本のアームによる攻略法】

・使えるワザ…ズラし、持ち上げ、ツメ押し

ツメが2本付いているタイプは以前から置いてあるため、皆さん馴染み深いでしょう。
こちらはコツや裏技が多く、テクニックを駆使すれば勝率も高いです。
攻略法は基本的に落とし口までプライズをズラしたり持ち上げて寄せて落とせばOK。
橋の上にぬいぐるみを設置した橋渡し設定ならば、ズラしの他にツメで上から押して落とすテクニックもあります。
ツメ2本のアームですと横からプライズを挟む力は確かに弱いです。
しかしアームは決められた高さまで絶対に降下します。
だから上からプライズを押す力は強いんですね。
ぬいぐるみを落とす台ならば、片方のツメの照準をぬいぐるみに合わせればOK。
後はアームが降りてきてぬいぐるみを力強く押してくれます。

これはぬいぐるみの一部が落とし口に掛かっている場合にも使えます。
落ちそうで落ちない場面でハラハラしますよね。
この場合にはツメをぬいぐるみの落とし口に掛かっている部分に押し当てればOK。
ツメ押しは確実にぬいぐるみを落とし口に落とせるので手堅い方法でもあります。

【ツメ3本のアームによる攻略法】

・使えるワザ…持ち上げ、弾み

一見するとトリプルキャッチャーはツメが3本だから取りやすそうに感じられます。
しかしトリプルキャッチャーはスタート直後、アームがぬいぐるみを掴んでくれません。
もし掴んで持ち上げても落とし口付近でポロリと離してしまいます。
この機械にはお店の設定する投入額を積まなければアームが強くならないという仕組みがあるんですね。
一定額お金を投入すると後はガッシリ掴んでくれます。

また台によっては落とし口の周りに壁があるタイプもあります。
つまり落とし口の上までぬいぐるみを持ち上げていなければ壁に阻まれてしまうのです。
逆に落とし口に高い壁がなければ他のワザの使用も可能です。
この場合、ぬいぐるみが落ちた弾みやツメで寄せて落とすなんてテクニックが使えます。

【ハイエナで安く投入額を抑える】

最近はトリプルキャッチャーが主流となり、可愛くて大きいぬいぐるみはこちらの台にあります。
安く投入額を済ませたい人はハイエナと呼ばれる行為も手段となります。
ハイエナとは誰かがプレーした後に続けてプレーする事です。
前のプレイヤーの投入金のおかげでアームが強くなっており、プライズをゲットしやすくなっています。

そしてプライズゲット後はさっさと帰るか、プライズ品をどこかに置いてから他の台で遊ぶのが良いでしょう。
ハイエナされたプレイヤーが見掛けると不愉快になるからです。
ハイエナでプライズ品がゲット出来たら前のプレイヤーに感謝する気持ちを忘れずに(笑)

最後までお読み頂きありがとうございます。
よろしければ↓ポチっとご協力お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュア情報へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

過去の記事